海燕×双子猫ルキア(小話とボツネタ)

  • 2016.05.11 Wednesday
  • 22:43



猫ルキア→何故か急成長して(2人が1人になって)海燕が教師をする中学校へ。

小話付きだけどシモネタ寄りな・・・。
海燕と幼女ルキアでシモって・・・。

(ニガテな方はご注意下さいねこ
 

猫のチャッピー♪

双子って描きにくい。同じ顔で描けない;



ちょっと前に打ってた海燕と猫ルキアの小話です。

その後のはボツネタで・・・。
(これをやったらどうしようもない)



 * * *


【 ある日のお風呂場にて。】


幼いルキア達が2人で風呂に入るのは心配なので一緒に入る事にした海燕―――。


「猫だけど風呂に入っても平気なんだなー」
「お風呂すきー」
「すきー」

猫は濡れるのが苦手だが、それも彼女達には関係ないらしい。
浴槽から上がった子猫に海燕が声をかけると、目を丸くして2人は固まっていた・・・。


「そうかそうか、じゃあこれがシャンプーで・・・」
「「・・・!?」」






((何だこれは・・・!?))

海燕の身体に見た事のないナニか付いている・・・。



「ん?」




自分達には付いてない・・・。


「あぁ・・・、タオル巻いた方が良かったかな」

(でもな隠すなんて何か俺っぽくないし・・・)


「「・・・・・」」

 じーっ。

「そ、そんな凝視すんな!恥ずかしいだろっ」
「大きくなったらそうなるのか?」
「大人になったら生えるのか?」
「・・・ルキア達にこんなモン生えたら泣くぞ、俺」


身体を洗うタオルで軽く自身を隠して海燕がコホンと一息つく。


「あー、コレは男のシンボルだ!ルキア達は女の子だからコレは付かない」
「そうなのか・・・ホッ」
「よかった・・・ホッ」
「よかったって・・・」

「「それ、こわい」」

「・・・」



 *


その翌朝―――。

「おはよう・・・」
「おはよ・・・」

「くーーー」
「海燕どの、寝てる」
「おなか出してる」


布団がはだけて乱れた衣類から海燕のへそが覗いていた。
その姿を2人の少女が見つめる・・・。

「お風呂のアレ、こわいけど気になる」
「うん。私も思った」


そして、恐る恐る2人は両脇から海燕のズボンに触れた―――。


 *


「んー・・・ぁ、朝か・・・ん?」


下半身に感じる感触にぼんやりと視線を向け、海燕は目を見開いた。


「うわあっっ!!何やってんだ!!?」
「「ひいっっ!!」」

「子供がそんなモン、手に持つんじゃねぇ!!」
「だ、だって・・・」
「見たかったのだ・・・」
「朝からエロい事すんなよ・・・。俺も反応しちまってるし・・・はぁ」

ズボンを上げ晒け出していた下半身を隠して海燕が溜息をつく。
しかし、幼すぎる子供には何もできない・・・。


「好奇心旺盛にも程があるだろ・・・」



 * * *


海燕のイチモツを初めてみて驚くルキア・・・。





「「シモネタってなんだ?」」


去年のらくがき。使ったかもよくわからない。





【あとは、去年6月のボツネタ↓】 (シモネタ注意です。上もシモか・・・)





雨の日にルキア達を拾って(←出逢い)その翌朝のボツ話。
幼女を相手に海燕が・・・。



 * * *



ぼんやりした頭で目を覚ました2人の少女―――。


「おはよう」
「おはよう」

おはようのキスを交わすのは小さな子猫。


「お腹すいた」
「すいたー」




いつもと違う朝、いつもと違うベッドにいる。

隣には昨日助けてくれた人物が眠っていた。
2人は目くばせし、その男にそろりと近寄った。

そうして、小さな手で上着に手をかけ──・・・。



 *



妙な感触に目を覚ました部屋の主の海燕は、信じられない光景に奇声を上げる。


「うわぁぁあ!!?」

「「ひいぃっ!!」」


3人の悲鳴が狭い部屋で響いた・・・。




──先刻の、海燕の状況はと言うと。

海燕の胸元に、両乳房に2人の猫が吸い付いていた。


「むー・・・」
「ミルクが出ない」


子供の小さな赤い舌が男の胸元を吸ったり舐めたりしている。
突然の男の叫び声に驚き、顔を離し顔を上げる2人の少女。


「な、なんつー事してんだ!!お前らは!?」

「「み、ミルク・・・」」


母親から授乳する様に、少女達は海燕の乳房に吸い付いていたのだった。


「あのな、俺は男だからミルクなんて・・・」


(どう見ても俺は男だろうが)と海燕は心の中でツッコミながら乱れた衣服を直す。


「いや・・・」


少女に説明をしながら、ある思考がよぎった・・・。
子供に両胸を刺激され、思い切り反応してしまって膨張した己自身を取り出していた──。


「「??」」


突然姿を現した異形の物体に戸惑う2人の子猫。


「なに・・・?」
「これ・・・」


見た事のない、自分たちには付いていないモノ。


「大人の男はな、ココからミルクが出るんだ」
「おとな・・・」
「おとこ・・・」


先程とは違い抑えた声で男が言う言葉を2人は真顔で聞いている。


「大人はそうなのか・・・」
「大人になるとこうなるの」
「違うって、ルキア達は女で俺は男だから――」


海燕は左右の手を使い、小さな2人の頭を優しく抑える。


「・・・飲んでみるか?」


2人が上目遣いでコクリと頷くのを確認して、抑えていた頭を動かし海燕自身に近づけた。


「噛んじゃ、ダメだぞ」


異物を挟み左右にいるルキア達が恐る恐る口を近づける・・・。


「怖いか?ちょっと舐めてみろ」


男に言われる通り、2人が赤い舌を出して海燕に触れた。
ちらりとルキア達が海燕の顔を覗う。
その仕草と表情が堪らず、海燕自身も更に膨らむのが分かった。

少女達から与えられるゆっくりとした刺激に、暫くしてミルクに似た液体が放たれた―――。


「うぅ」
「ヘンな味」
「大人の味だな」


初めて味わう母乳などとは全く違う味に少女達は顔をしかめた。



「(何をやってんだ俺は・・・)」



何も知らない幼い子供に・・・。
こんな事をする為に助けた訳ではないのに、と自身を嘲笑い卑下した。



「本当のろくでなしだな・・・」




* * *


終わらせ方が分からなかった・・・。


最初、ルキア達が『胸に吸い付く』が思いつきで浮かんで海燕が叫んで起きて―――。



その後がオカシな展開に・・・。

さすがに幼すぎて、そこまでしないだろうという事でボツかなぁ。
(載せといてアレだけど、半分以上打ってたし)
このエピソードがあると、ミルク飲みが以後も続いてしまうし・・・。
海燕ってブリーチの中でも人格者っぽいしね。(説得力ない)

ルキアが中学生になったら欲情する事にしよう。(それも問題が)

 

スポンサーサイト

  • 2017.10.27 Friday
  • 22:43
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM